忍者ブログ

ていおん

孤児

産経新聞の朝刊に載っていた記事です。2013年11月27日。大見出しは、「治療薬なく捨てられた「孤児」」。26歳から車いす生活になり、筋トレをすると筋肉が壊れてしまい、かえって逆効果になる。どんなに願っても回復はせず、進行を止めるだけが唯一の方法。その病気とは、「遠位型ミオパチー」。筋肉が委縮し、指先など体の中心から遠い部分から徐々に筋力が衰えていくという病気。千葉県の33歳の女性のお話です。回復することはない。薬で進行を止めることが唯一の治療法。なのにその信仰を止める薬を作る製薬会社が現れないのだそうです。理由を読んで、怒りを通り越し、呆れも通り越し、悲しくなりました。
「患者数が少なく、仮に創薬につながったとしても製薬会社にとって採算が合わないから」。・・・国が補助しろよ。余計なことにお金使わないで。ハッキリ言えば、風邪薬いらないからその薬を作ってほしい。風邪なんて、体を暖めて寝れば治る、薬は必要ありません。

業界最安値の激安ポスター作成サービス
業界最安値の価格
厚手のマットコート紙 特徴
全11種類の用紙に最新機種プリンタで印刷
水性インクジェットプリンタで出力

看板設置・制作サービス
薄くて軽くて丈夫。アルミ複合板

おしゃれで可愛いカーペット・絨毯の通販サイト
おしゃれでかわいい
小粋な空間演出
可愛いじゅうたん・ファブリック
カーテン・ラグの電話注文
PR

コメント